慢性疲労の原因を突き止める|身体の健康を維持

疲労を蓄積させないために

悩んでいる女性

疲労が病気の原因に

常に疲労を感じている状態を慢性疲労と言います。慢性疲労の原因は、生活習慣の乱れや働きすぎなどにあります。たかが疲れと思って放置していると、身体に様々な悪影響を及ぼし、病気に発展する可能性もあります。身体に疲労が蓄積されることで見られる症状は、集中力の低下、睡眠障害、肌荒れ、肩こりなどがあります。人によって症状は様々なので、これら以外の症状も存在します。このような状態を放置してしまうと、自律神経やホルモンバランスの乱れ、内臓や筋肉の機能低下などが現れます。それによって、不眠症やうつ病、動脈硬化、免疫力の低下などを引き起こします。免疫力の低下はガンに移行する恐れがあるので、特に注意しなければなりません。

食事で疲労解消

慢性疲労の状態を改善するためには、食事の見直しが必要となります。バランスの悪い食生活を続けていると、疲労が溜まりやすい身体になってしまいます。また、疲労解消効果のある栄養素を積極的に摂取することで、慢性疲労の改善に繋がります。疲労解消に最も効果的と言われているのがクエン酸です。クエン酸は柑橘類に豊富に含まれており、特にレモンとライムに多く含有されています。次に効果的なのがビタミンB群です。中でもビタミンB1は疲労回復効果が強いと言われています。豚肉やレバー、ニンニクなどに豊富に含まれています。そして、最もおすすめなのがトマトです。トマトには、疲労回復効果のあるクエン酸やビタミンC、細胞の老化を防ぐリコピンなどが含まれています。慢性疲労回復にもなりますし、夏バテの予防にも良いと言われています。これらの食材を毎日の食事に取り入れることで、疲労の蓄積を防止し、慢性疲労の改善になります。

Copyright © 2016 慢性疲労の原因を突き止める|身体の健康を維持 All Rights Reserved.